沖縄の海の生物


沖縄で出会える生き物たちを紹介します。
サンゴ礁に生息する色とりどりの熱帯魚から大物まで、いろいろなお魚達があなたとの出会いを待っています。

名 称 クマノミ コメント
方言名 ハタゴイソギンチャクやシライトイソギンチャクなどを好んで住む。
イソギンチャクに寄り添うことから、花に群がるミツバチに見立てての「Sea bee」という呼び名もあります。
ポイント
シーズン
名 称 カクレクマノミ コメント
方言名 オレンジ色の体に3本の白い帯と黒いひれがあり、ディズニー映画の「ファインディング・ニモ」によく似ていますが違う種類です。
ポイント
シーズン
名 称 ハマクマノミ コメント
方言名 体側には白色横帯は無く、頭部に幅の広い白色横帯があるのが特徴。幼魚まで2〜3本の白色の横帯が見られるが、成長するにつれて頭部の帯だけが残ります。
ポイント
シーズン
名 称 トウアカクマノミ コメント
方言名 日本には6種類のクマノミがいますが、その中でも特に珍しく数が少ない一種のトウアカクマノミ。理由は、イソギンチャクの中でも、数が少ないイボハタゴイソギンチャクとしか生活しないためと言われていています。
ポイント
シーズン
名 称 ハナビラクマノミ コメント
方言名 性転換等の変わった特徴を多く持つ魚で、鮮やかな体色から、鑑賞用に飼育されることも多いです。
ポイント
シーズン
名 称 サザナミフグ コメント
方言名 サザナミフグはフグの中でもかなり大きくなる種類で、最大のものでは全長50cmに達します。
ポイント
シーズン
名 称 ミナミハコフグ コメント
方言名 小さなサイズともに明るいイエローの体色、目立つ黒は水玉模様で愛らしく人気が高いですが、危険が迫ると皮膚から粘液毒を放出するので注意してください。
ポイント
シーズン
名 称 キンメモドキ コメント
方言名 胸部と肛門の前方部分に発光線があり、胸部にはY字形、腹部にI字形の発光器が入っています。
ポイント
シーズン
名 称 ケラマハナダイ コメント
方言名 幼魚やメスは、尾ビレ先端が赤く、水中では両端に赤い点があるように見えます。
ポイント
シーズン
名 称 ヤシャハゼ コメント
方言名 第1背鰭の前方は長く伸び、その中央に暗色斑があります。体長5cmほどの小型種です。
ポイント
シーズン
名 称 ハタタテダイ コメント
方言名 タタテダイ属魚類は背鰭第4棘が伸長することで、他のチョウチョウウオ科魚類と区別され、本種は頭部に眼を通る黒色帯があるが、眼の下方までにしか達しません。
ポイント
シーズン
名 称 カミソリウオ コメント
方言名 サンゴ礁や岩礁、および周辺の砂泥底など沿岸の浅い海で暮らす種類が多いです。
ポイント
シーズン
名 称 ハナヒゲウツボ コメント
方言名 最大で全長130cmに達し、体は前後に細長い円筒形だが、他のウツボ類よりも比較的細長い体型をしています。
ポイント
シーズン
名 称 サザナミヤッコ コメント
方言名 沖縄では食用にもされているが、稀に毒を持つことがあります。
ポイント
シーズン
名 称 ウミテング コメント
方言名 胸びれを水平に大きく広げて、細長い腹びれを足のように使い、海底をはうように移動します。
ポイント
シーズン
名 称 ニシキフウライウオ コメント
方言名 泳ぎはゆっくりですが、ゆらゆら動くので、意外に撮影が難しい魚です。
ポイント
シーズン
名 称 ハダカハオコゼ コメント
方言名 潮の流れに身をまかせゆらゆらと揺れています。長い背びれに毒トゲを持っていおり、激しい痛みと腫れに襲われます。
ポイント
シーズン
名 称 カエルアンコウ コメント
方言名 標準和名は「イザリウオ」であったが、「いざる」が「足の不自由な人を差別する用語」であるとされ、2007年にカエルアンコウに改名されました。
ポイント
シーズン
名 称 キンチャクガニ コメント
方言名 このカニは必ずイソギンチャクを手に挟んでおり、ハサミはイソギンチャクをしっかり持つことができるようなつくりになっています。
ポイント
シーズン
名 称 カエルアンコウ コメント
方言名 泳ぎが下手な種が多く、前足のような胸鰭を使って海底を歩き回って移動します。
ポイント
シーズン