当店のこだわり【衛生面について】

沖縄ダイビングFUNでは、お客様に快適なダイビングを楽しんで頂くために、衛生面に強いこだわりを持っております。ダイビングには欠かせない、マウスピースやマスク、ウエットスーツなど、機材の隅々まで清潔に保ち気持ちよく使う事ができたら、ダイビングももっと楽しむことができると思います。
そんな思いから、当店では微酸性電解水生成装置と電解水生成装置の導入により、レンタル機材はもちろん、お客様ご自身の器材洗浄、殺菌にお役立てください。
濡れた状態での嫌な臭いなども軽減されます!
是非、皆様お試し下さいませ^^


2.電解水生成装置も導入しました!

添付画像 上記、微酸性電解水生成装置に加えさらに電解水生成装置を新たに導入しました!!
酸性水は主に除菌や殺菌二効果がありますが、汚れを落とす効果があるのはアルカリ水なんです。

『微酸性電解水』とは?

アルカリ性電解水は成分中に微量の水酸化ナトリウム(NaOH)を含んでいるので、タンパク質の溶解や油脂を乳化させる力を持っています。
たとえば、ブーツやウエットスーツ、マスクなどに付着した皮脂や日焼け止めの油分などを落としてくれます。また、酸性電解水で除菌した後に中和する際にも役立ちます。
つまり、水では落ちにくいタンパク質や油脂などの有機物を溶解・乳化し、汚れを洗い流してくれるのです。
ぜひ、アルカリ水で洗ってみて下さい!!汚れが落ちるのが分かりますよ。



1.微酸性電解水生成装置を設置しております

添付画像 沖縄ダイビングFUNでは、機材を洗う水にこだわっています!!
機材を洗う水は、水道水ではなく『微酸性電解水』を使用しております。

『微酸性電解水』とは?

一言でまとめると、『環境にやさしい殺菌剤』です。
微酸性電解水は、食品添加物製剤である希塩酸を電気分解して生成されたもので、除菌や殺菌、消臭などの効果があり、味や臭いはほとんど無く食品添加物に指定された安全な水です。
pHは5〜6.5でpH7が中性ですのでほとんど中性です。もちろん酸味は全くありません。直接触っても、飲みこんでも危険ではありません。もし誤って口に入ったり、目に入った場合は水道水でよく洗い流して下さい。
しかし、あくまで、除菌や殺菌、消臭などを目的としておりますので、汚れを落とす物ではありませんのでご了承ください。

3.レンタル機材は『いつも清潔に』を心がけて・・・

添付画像 レンタルのレギュレーターなど口にくわえるマウスピースなどは、毎回交換し除菌処理をしております。
お客様が快適に機材をご利用頂けますよう、毎回袋詰めされたマウスピースをお渡しし、取り付けていただいております。
また、レンタル機材ではない、お客様自身の機材も先ほど紹介した、『微酸性電解水』で除菌していただいております。
こだわりのビフォー・アフターでダイビングを快適にお楽しみ下さい。

4.ウエットスーツへの衛生管理も充実!!

添付画像 ウエットスーツが湿っていて気持ち悪い!!
そんな経験はありませんか?
大丈夫です!
沖縄ダイビングFUNのウエットスーツは、『ドライルーム』でしっかり管理しています。
使用後には毎回、アルカリ水で汚れを落としたあとに、先ほど紹介しました、『微酸性電解水』にて、殺菌、除菌を行い、ウエットスーツ専用の乾燥部屋で乾燥保管しております。ちょっとしたお客さまへの気配りが、快適なダイビングを向かえることにつながると私どもは考えております。
お客様の喜ぶ顔が見たいという、思いが私どもの“こだわり”、“やる気”を持たせてくれるのです・・・
私どもと一緒に素敵な海の旅をしてみませんか?

当店のこだわり【ダイビングについて】

お客様のレベルにあったポイントの選択をしております。
そしてリクエストにも対応できるよう、当日の海況をよく把握しガイドダイバーと船長でポイントを決定しております。
ドリフトダイビングは上級者が楽しむ潜水方法といったイメージがあると思います。
私はまだ無理だ、なんて考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
海況やポイント、潮の流れなどによってはドリフトする方が安全に楽しむ事が出来る場合もございます。
その判断をガイドダイバーと船長で日々、色々な海況を経験し試行錯誤しながらダイビングを行っておりますので
皆様の快適ダイビングのお手伝いが出来ると思っております。

また、オフシーズンなどにはスタッフだけでのポイント調査にも行っており
ダイビングポイントの新規開拓や海の生物調査、既存ダイビングポイントの更なる把握を目的とした
潜水を行っております。


当店のこだわり【安全面について】

添付画像 沖縄ダイビングNAVIでは万一の時の備えとして、ダイビングボートには酸素吸入器とAEDを設置しております。

また、救助訓練なども行っております。

お客様の安全を第一に考え、快適なダイビングを楽しんでいただくために。

また、ガイドダイバーの装備品も定期的に点検し完備しております。
緊急フロートはもちろん、ミラー、ナイフ、フラッシュライトなど
もしもの時の為の備えを充実させております。


シグナルフロート携帯のお願い

添付画像 当店では、万が一に備えガイドダイバーはフロート、ホイッスル、フラッシュライト、ミラーのセーフティーグッズを携行しております。
当店のダイビングツアーにご参加頂くお客様にも、万が一に備え緊急シグナルフロートを携行して頂いております。ご自分のシグナルフロートをお持ちのお客様は、ご持参ください。
ご自身のシグナルフロートをお持ちでないお客様は、当店で用意したシグナルフロートをお渡し致しますので、携行していただき、ダイビング終了後にスタッフにご返却して頂きますようお願い致します。


ドリフトダイビングについての安全対策

当店では、ドリフトダイビングの際、ガイドダイバーと船長で事前に潜水時間、浮上ポイント、急な天候の変化や潮の流れが変化した場合の対応などの潜水計画を確認し、ドリフトダイビングを行っております。
また、長距離のドリフトや潮の流れの複雑なポイントなどでの潜水時には、アシスタントインストラクターがブイ(浮き具)を浮かべた状態でドリフトを行っております。
ブイを最初から最後まで水面に浮かべておくことで、船長はブイを追うことができ、ダイバーの位置を把握しダイバーを見失ってしまうことを防いでおります。