ダイビング用語集

ライセンスを取りに行くので予習をしよう!という方や、ライセンスをとったものの、全く潜ってないからダイビング用語なんて忘れてしまった・・・     
などいまさら聞けない・・・という方にオススメ!

ダイビング用語初級編


BCD

添付画像

スクーバダイビングに使用する浮力調整装置で、Buoyancy(浮力) Compensator(補償装置)のアクロニムである。
BCD(Buoyancy Control Device、ボイヤンシー・コントロール・デバイス)とも呼ぶ。
本体となる空気袋と、身体に装着するためのハーネス、空気タンクから空気を送り込むための吸気弁、内部の空気を排出するための排気弁からなり、さらに通常は空気タンクを固定するためのハーネスと一体となっている。空気袋を背中側に設けたバックフロートタイプ、胸側に設けたホースカラータイプ、前後に設けたジャケットタイプ、ベストタイプなどに分類され、それぞれ一長一短がある。









レギュレーター

添付画像

タンクに充填された高圧の呼吸ガスを呼吸に適した圧力まで減圧する装置である。通常1stステージ、2ndステージの2部分からなる。

【1stステージ】
タンク内のガスを8-11気圧に減圧する部分である。大きく分けてスタンダードピストン、バランスピストン、バランスダイヤフラムの3形式があるが、いずれも基本原理としては、減圧後のガスが一定の圧力に達したときにバネにより開かれていた弁が閉じる構造になっている。一部のメーカーではダブルピストンやムービングオリフィスバランスなどの特殊な形式も採用されている。


【2ndステージ 】
1stステージで減圧されたガスを呼吸に適した圧力まで減圧する部分である。ダイバーが息を吸うことで、内部の圧力が周囲の水圧よりも低くなったときに、テコの作用により弁が開く構造になっている。他のダイバーに空気を提供する必要が生じた場合に備え、予備の2ndステージ(オクトパスと称する)を携行する場合が多い。


オクトパス

添付画像

オクト:予備のセカンドステージ=セイフティセカンドの俗称・オクトパスを縮めて言う言葉。
エア切れになったダイバーに空気をあげる以外にも、自分のセカンドステージにトラブルが生じた際の代替としての役割りも果たしてくれるので、滅多に使うことはないとしても装着するのがいいでしょう。





タンク

添付画像

呼吸用のガス(通常は空気)を圧縮して携行するための容器である。 日本語ではボンベと呼ばれることも多いが、英語ではtank(タンク)、bottle(ボトル:瓶)、ないしはシリンダー(cylinder:円筒)と呼ばれる。
重量の軽いアルミニウム製のものが用いられた時期もあったが、現在ではスチール(鋼鉄)製のものが多く用いられている。
内容積は6Lから15L程度で、日本では10Lのものが多い。充填圧力はかつては150気圧が標準であったが、現在は200気圧が標準的である。テクニカルダイビング用としては300気圧のものも一部用いられる。









マスク

添付画像

水の屈折率は空気のそれとは大きく異なるため、角膜が水に接している場合正常に物を見ることができない。
この問題を解決するために、周囲の水と角膜の間に空気の層を設けるための器具がマスク(水中眼鏡)である。




スノーケル

添付画像

シュノーケルとも言う。
顔面を水に漬けた状態で呼吸をするためのJ字型の管である。 スクーバダイビングでも目的地点付近までは水面を移動することが多く、タンク内の空気を節約するために使用される。















フィン

添付画像

足ひれとも言う。
人間が最も大きな力を出せる脚部の運動を推力に変換することで、水中や水面を効率良く移動するための器具である。
フィンを足に装着する際に、足を入れる部分をフットポケットと言う。
フィンの種類は様々だが、このフットポケットは2種類に分けられる。
【オープンヒールタイプ(ストラップタイプ)】
これは、かかとの部分をストラップで留めるタイプ。かかと部分の皮膚との摩擦を防ぐため、マリンブーツを着用の後、装着する。
【フルフットタイプ】
これは、フットポケットがかかとの部分までを覆っている。主に、素足に装着する。 フィンの硬さや長さ、素材などにより、様々な種類が発売されているが、自分の脚力とダイビングスタイルに合ったものを選ぶことが重要とされている。



ブーツ

添付画像

足部を保護するためのクロロプレン生地と、ゴム製の底からできた靴である。整備された砂浜以外の環境では、水底の物体で足に外傷を負うことを防ぐため、着用が必須である。
ゴム底の形状から動きやすいラダーソールと滑りにくいデッキソールに別れる。







グローブ

添付画像

主に手の障害防止を目的に着用する。水温により、織物製、クロロプレン生地製、また低水温や汚染水域用にゴム製でドライスーツ本体と一体化したものなどさまざまな形式のものが用いられる。
保護されているという意識からダイバーが水底の物体に不用意に手を付くようになり、自然破壊につながるとして、グローブを着用することを禁止している地域もある。






フード

添付画像

体温の損失を防ぐため頭部から首に着用する。水中において、血行量の多い頭部からの体温損失は、全身からの体温損失の20%を占めると言われており、常時水中での活動となるスキューバダイビングではそれほど低い水温でなくてもフードの着用が必須である。通常クロロプレン生地製であるが、低水温や汚染水域用にはドライスーツ本体と一体化したゴム製のものもある。